工学部・工学研究科シラバス
English

応用物理学特別輪講(量子物性工学)A(2.0 単位)

講義番号11263
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態輪講形式
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 1年春学期
担当教員 竹延 大志 教授  伊東 裕 准教授  田中 久暁 助教 
蒲 江 助教 

•本講座の目的およびねらい
有機材料やグラフェン・カーボンナノチューブ等のパイ電子材料・原子層材料やそれらを用いた新しい機能性素子を研究するために必要な原著論文・教科書を輪読し,研究を進めるための基礎力と具体的なテーマへの応用力を身につけるとともに,関連分野の研究動向について理解する。

•バックグラウンドとなる科目
量子力学、熱統計力学、電磁気学、物性物理学、化学物理学

•授業内容
1.有機レーザー素子
2.電解質を用いた新しい機能性素子
3.原子層材料を用いたバレー物理の探索
4.導電性高分子及び低分子の電子スピン共鳴(ESR)による物性評価
5.有機固体の電気伝導と超伝導特性

•教科書
輪読する教科書については,年度初めに適宜選定する。原著論文については,輪講の進行に合わせて適宜選定する。

•参考書
特になし

•評価方法と基準
輪講における口頭発表とそれに対する質疑応答により,目標達成度を評価する。口頭発表と質疑応答,各々60%,40%とする。

•履修条件・注意事項
特になし

•質問への対応
輪講時に対応する。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27