工学部・工学研究科シラバス
English

高度総合工学創造実験(3.0 単位)

講義番号8042
課程区分前期課程
科目区分総合工学科目
授業形態実験及び演習
対象専攻 全専攻共通
開講時期1 1年春秋学期
開講時期2 2年春秋学期
担当教員 生田 博志 教授 

•本講座の目的およびねらい
異なる専門分野からなる数人のチームを編制し、企業からの非常勤講師(Directing Professor)の下に自主的研究を行う。
その目的およびねらいは、
1.異種集団グループダイナミックスによる創造性の活性化、
2.異種集団グループダイナミックスならではの発明、発見体験、
3.自己専門の可能性と限界の認識、
4.自らの能力で知識を総合化
できるようになることである。

•バックグラウンドとなる科目
「高度総合工学創造実験」は,産学連携教育科目と位置づけられる.従って,「ベンチャービジネス特論I, II」および学部開講科目「特許および知的財産」,「経営工学」,「産業と経済」,「工学倫理」等の同様の産学連携教育関連科目の履修を強く推奨する.

•授業内容
異なる専攻・学部の学生からなる数人で1チームを編制し、Directing Professorの指導の下に設定したプロジェクトを60時間(3カ月)[週1日]にわたりTA(ティーチングアシスタント)とともに遂行する。1週間のとりまとめ・準備の後、各チーム毎に発表および展示・討論を行う。
具体的な内容は次のHPを参照。
http://www.cplaza.engg.nagoya-u.ac.jp/jikken/jikken.html

•教科書
特になし。

必要に応じて、授業時に適宜紹介する。

•参考書
特になし。

必要に応じて、授業時に適宜紹介する。

•評価方法と基準
実験の遂行、討論と発表会により、目標達成度を評価する。100点満点で60点以上を合格とする。

•履修条件・注意事項

•質問への対応
原則、授業時に対応する。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27