工学部・工学研究科シラバス
English

国際協働プロジェクトセミナーⅠ U2(2.0 単位)

講義番号11191
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態セミナー
対象専攻 有機・高分子化学専攻 応用物質化学専攻 生命分子工学専攻 応用物理学専攻 物質科学専攻 材料デザイン工学専攻 物質プロセス工学専攻 化学システム工学専攻 電気工学専攻 電子工学専攻 情報・通信工学専攻 機械システム工学専攻 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 航空宇宙工学専攻 エネルギー理工学専攻 総合エネルギー工学専攻 土木工学専攻
開講時期1 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期 1年春秋学期
開講時期2 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期 2年春秋学期
担当教員 各教員(教務)  

•本講座の目的およびねらい
• To design and conduct an original research project
• To develop experience with experimental/numerical/theoretical techniques
• To develop a working knowledge of relevant research literature
• To practice scientific writing and participate in the peer review process
• To be able to discuss the research and topic with other scientists and engineers

•バックグラウンドとなる科目
工学全般、英語、技術英語

•授業内容
• Students will develop (with guidance) a research project proposal at the beginning of the semester that will provide initiative, outline and experimental strategy.
• Each student will present oral reports of research progress, relevant readings, and/or challenges at scheduled lab meetings.
• Students will take primary responsibility for conducting research and do so with professional attitudes and time commitments. This is a lab course and you are expected to spend a minimum of 20 hours of productive lab work per week. It is more realistic to expect to spend an average of 25-30 hours per week working and thinking about your project.
• Students will produce a manuscript (with active feedback from the instructor and peers) that can be published in part or whole by a peer reviewed research journal. Publishable manuscripts require many drafts, reviews, and revisions.
• Students are encouraged to present research results at appropriate scientific meetings.
• Students well be self-motivated and work independently, approaching the instructor for guidance regularly.

•教科書
各指導教員が指定する.

•参考書
各指導教員が指定する.

•評価方法と基準
研究態度・研究レポートの評価50%と,口頭発表評価50%の総合.評価は訪問先指導教員と所属研究室指導教員の両方またはどちらかから提出される.

•履修条件・注意事項
[U2] 中期(6ヶ月程度)プログラムで海外の研究機関で研究に従事することにより,2単位.
[U4] 長期(12ヶ月程度)プログラムで海外の研究機関で研究に従事することにより,4単位.

•質問への対応
基本的に訪問先指導教員が対応する.

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27