工学部・工学研究科シラバス
English

研究インターンシップ1 U6(6.0 単位)

講義番号11133
課程区分前期課程
科目区分総合工学科目
授業形態実習
対象専攻 全専攻共通
開講時期1 1年春秋学期
開講時期2 2年春秋学期
担当教員 生田 博志 教授 

•本講座の目的およびねらい
企業の技術開発,研究に係わる研修を通じ,企業における先進的,実践的な課題への挑戦を体験する.これにより,工学を社会的価値の創造に結びつける人材の育成を目的とする.
技術や研究を大局的,総合的視点(実用性、経済性等)で捉える意識,能力およびコミュニケーション力が醸成され,大学での研究,勉学に反映されることを目標とする.

•バックグラウンドとなる科目
事前に,「ベンチャービジネス特論Ⅰ」または「同Ⅱ」および学部開講科目「特許および知的財産」,「経営工学」,「産業と経済」,「工学倫理」等の受講を強く推奨する.

•授業内容
研修生を受入れる企業において,企業が提示する研究テーマについて研修(研究)する.
・当該企業全般および研修機関に係わるオリエンテーション
・研修テーマの実施(企業スタッフとの連携、調整等を含む)
・研修結果のまとめ、報告
・大学への研修成果の報告(プレゼンテーション)
を主な構成要素とする.
関連する資料・文献調査等は,企業が定める勤務時間内では対応できない場合があるので,研修時間外で自己研鑽することを要する.
また,企業研修に先立ち,大学側で行う「知的財産権の基礎知識と研究インターンシップでの取扱・留意点」についての講義の受講を必須とする.

•教科書
企業での研修の指導に当たるスタッフ等が紹介,提示する資料,文献等

•参考書
企業での研修の指導に当たるスタッフ等が紹介,提示する資料,文献等

•評価方法と基準
企業において研究インターンシップに従事した総日数61日以上80日以下のものに与えられる

•履修条件・注意事項
企業の研修テーマに応募し,受入れが認められた者.

•質問への対応
企業の研修スタッフおよび大学の研究インターンシップスタッフが随時対応.

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27