工学部・工学研究科シラバス
English

ナノ構造解析学セミナー1A(2.0 単位)

講義番号6852
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態セミナー
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 1年春学期
担当教員 柏谷 聡 教授  安坂 幸師 講師  中原 仁 助教 

•本講座の目的およびねらい
超伝導、トポロジカル物質、原子層物質を用いたデバイスの基本動作原理に関わる、電子物性、輸送現象、ならびに結晶構造に関するテキストおよび文献を輪読・発表し、トンネル効果、ジョセフソン効果などの超伝導デバイスや、表面状態解析に関する基礎的な知識や研究方法を習得するとともに、関連分野の研究動向について理解する。
達成目標
1.超伝導、トポロジカル物質、原子層物質に関する実験手法や解析手法のいくつかを理解し、説明できる。
2.超伝導、トポロジカル物質、原子層物質に関する量子現象のいくつかを理解し、説明できる。
3.ナノマテリアルに関する実験手法や解析手法のいくつかを理解し、説明できる。

•バックグラウンドとなる科目
物性物理学、量子力学、電磁気学、統計力学

•授業内容
1.表面・界面を利用した超伝導デバイスの原理と応用
2.トポロジカル超伝導とトポロジカル量子計算
3.電界誘起超伝導とジョセフソン接合
4.マヨラナ準粒子やダークマター探索など新奇量子現象の解明
5.電子回折および走査プローブ顕微鏡による表面・界面の研究
6.カーボンナノチューブおよびグラフェンのナノ表面物性

•教科書
輪読する教科書については、年度初めに適宜選定する。論文については、キーワードを設定し、論文を適宜選定する。

•参考書
特になし。

•評価方法と基準
セミナーにおける口頭発表とそれに対する質疑応答により、目標達成度を評価する。100点満点で60点以上を合格とする。

•履修条件・注意事項
特になし。

•質問への対応
セミナー時に対応する。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27