工学部・工学研究科シラバス
English

学外実習A(1.0 単位)

講義番号11300
課程区分前期課程
科目区分総合工学科目
授業形態実習
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 1年春秋学期
開講時期2 2年春秋学期
担当教員 各教員(応物)  

•本講座の目的およびねらい
学生が協力企業の研究開発部門に派遣され、所定の期間、所定のテーマに関する研究開発業務に従事することにより、企業の現場における技術的課題の設定と解決の方法を学ぶ。この経験により、実践的で幅広い見識、総合力、想像力と実社会への適応性を身につける。

•バックグラウンドとなる科目
応用物理学専攻の各科目

•授業内容
学生の研究内容は企業との合意により取り決められる。

•教科書
教科書として個別に指定するものはないが、授業内容に応じて担当教員から指定するか、資料を配布することもある。

•参考書
参考書として個別に指定するものはないが、授業内容に応じて担当教員から指定するか、資料を配布することもある。

•評価方法と基準
(評価の方法)達成目標に対する習得度を、口頭発表とレポートにて評価する。

(評価の基準)総点100点に対し、60点以上を合格とする。

•履修条件・注意事項
履修条件は要さない。

•質問への対応
授業時間中および終了時に対応する。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27