工学部・工学研究科シラバス
English

応用物理学特別輪講(構造物性工学)A(2.0 単位)

講義番号11265
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態輪講形式
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 1年春学期
担当教員 澤 博 教授  片山 尚幸 准教授 

•本講座の目的およびねらい
構造物性工学の輪講では、1.物質の構造を研究することの重要性を認識すること、2.構造研究の伝統的手法を理解すること、3.X線回折法などの構造研究手法の実際的方法の理解を深めること、4.最近の実験法あるいは最近の解析法を学習することを目的として、関連する書籍を参加者によって輪読する。選択する書籍は、年度ごとに検討するが、演習問題なども各自で解いて議論、理解を深める。

•バックグラウンドとなる科目
物理工学科の科目であれば、物性物理学I~IV、量子力学、統計力学など

•授業内容
参加者による輪読と演習問題

•教科書
未定、年度ごとに検討

•参考書
固体物理学入門,C. キッテル、放射光結晶学,P. コペンス、X線回折,B.E. ワレン

•評価方法と基準
発表時の質疑応答により,目標達成度を評価する。100点満点で60点以上を合格とする。

•履修条件・注意事項
特になし

•質問への対応
開催時に対応します。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27