工学部・工学研究科シラバス
English

応用物理学特別輪講(磁性材料工学)A(2.0 単位)

講義番号11267
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態輪講形式
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 1年春学期
担当教員 竹中 康司 教授  岡本 佳比古 准教授  横山 泰範 助教 

•本講座の目的およびねらい
強い斥力相互作用を及ぼし合った固体中の電子は、フォノンをはじめとする素励起や低次元性といった結晶構造上の特徴などと結びついて、多彩な機能を生み出している。これら相関電子の物理的状態とそれらがもととなって発現する固体の機能を理解するための基礎を学び、新たな機能性材料の開発に活かす応用力を身につける。

達成目標
1.固体におけるバンド理論の基礎を理解し、それをもとに固体物性を予測できる。
2.電子相関が固体物性に果たす役割を理解する。
3.磁性、電気伝導性、光学特性など、固体材料の物理特性の基礎を理解する。

•バックグラウンドとなる科目
物性物理学、量子力学、熱・統計力学、電磁気学、光物性学

•授業内容
1. 結晶構造、2. 波の回折と逆格子、3. 結晶構造と弾性定数、4. フォノン、5. 自由電子フェルミ気体、6. エネルギーバンド、7. 半導体、8. フェルミ面と金属、9. 超伝導

上記の内容について、輪講形式で学ぶ。

•教科書
C. Kittel, Introduction to Solid State Physics, 8th Edition (Wiley).

•参考書
N. W. Ashcroft and N. D. Mermin, Solid State Physics (W. B. Saunders)
P. A. Cox, The Electronic Structure and Chemistry of Solids (Oxford University Press)
F. Wooten, Optical Properties of Solids (Academic Press)

•評価方法と基準
授業中の発表状況とレポートにより目標達成度を評価する。100点満点で60点を合格とする。

•履修条件・注意事項
履修条件は要さない。

•質問への対応
授業時間中および終了時に対応する。

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27