工学部・工学研究科シラバス
English

光物理工学特論(2.0 単位)

講義番号11296
課程区分前期課程
科目区分専門科目
授業形態講義
対象専攻 応用物理学専攻
開講時期1 春学期隔年
担当教員 岸田 英夫 教授  小山 剛史 准教授 

•本講座の目的およびねらい
光は物質の性質を調べるためのプローブという側面をもち、光と物質の相互作用を扱う光物性研究は先端的科学において様々な学問分野にまたがっている。本講義では、物質の光学的性質を量子力学に基づき理解する。

達成目標:
 1.光学過程を量子力学的に説明できる
 2.誘電関数と電子状態の関係を説明できる。
 3.実際の物質における光学応答を量子力学に基づき説明できる。

上記の学習を通じ、物質の光学応答を量子力学的に理解する基礎力を習得し、さらに新しい物質の電子物性の理解へと応用する力を身につける。

•バックグラウンドとなる科目
物性物理学、電磁気学、量子力学

•授業内容
1.光と原子の相互作用の半古典的な扱い
2.電磁場の量子化
3.量子化された電磁場と原子の相互作用
4.誘電率と光学スペクトル
5.固体中の光遷移過程

•教科書

•参考書

•評価方法と基準
プレゼンテーション/レポートにより評価する。
100点満点で60点以上を合格とする。

•履修条件・注意事項

•質問への対応
講義終了後、講義室にて受ける。
連絡先:
 小山:koyama@nuap.nagoya-u.ac.jp
 岸田:kishida@nagoya-u.jp

[一覧画面へ]

[専攻選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27