工学部・工学研究科シラバス
English

電子物性工学セミナー2E(2.0 単位)

講義番号7293
課程区分後期課程
科目区分主専攻科目
授業形態セミナー
対象専攻・分野 応用物理学分野 結晶材料工学専攻
開講時期1 3年前期 3年前期
担当教員 生田 博志 教授  飯田 和昌 准教授  畑野 敬史 助教 
浦田 隆広 助教 

•本講座の目的およびねらい
最新の文献を精読することで、種々の機能性材料が発現する様々な電子物性に関する知識を習得し、関連分野の研究動向や種々の実験手法を学ぶ。さらに、その内容をセミナーにおいて発表し、議論を通して一層の理解を深める。

この講義を習得することで、学生は機能性材料の電子物性の研究に必要な基礎力や、特徴的な電子物性を様々な側面から解析して理解する総合力を身につけるとともに、これらの知見を実際の機能性材料の研究開発に適用するのに必要な応用力を養うことを目標とする。

•バックグラウンドとなる科目
量子力学,熱・統計力学,電磁気学,物性物理学

•授業内容
1.固体電子論 2.電子輸送現象・磁性 3.超伝導 4.強相関物質 5.磁性材料 6.トポロジカル物質

授業前に対象論文を読むことを課題とする。また、講義での議論で解決できなかった問題点について、講義後に調べることを課題とする。

•教科書
最新の文献からその都度選定する。

•参考書
「金属電子論上・下」水谷宇一郎(内田老鶴圃)
「高温超伝導体の物性」内野倉國光他 (培風館)
その他、取り上げる文献に応じて随時指定する。

•評価方法と基準
セミナーにおける口頭発表とそれに対する質疑応答により、目標達成度を評価する。口頭発表と質疑応答、各々60%、40%とする。基本的な内容を理解していれば合格とし、理解度や、討論を活性化させる発言などの貢献度を成績に反映させる。

•履修条件・注意事項
履修条件は要さない。

•質問への対応
セミナーの時間中、もしくは事前にコンタクトの上で居室にて対応する。

[一覧画面へ]

[専攻・分野選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27