工学部・工学研究科シラバス
English

制御工学第1及び演習(2.5 単位)

講義番号425
科目区分専門基礎科目
授業形態講義及び演習
対象履修コース 機械システム工学 電子機械工学 航空宇宙工学
開講時期1 2年後期 2年後期 2年後期
必修/選択 必修 必修 必修
担当教員 東 俊一 教授  有泉 亮 助教  青山 忠義 准教授 

•本講座の目的およびねらい
【目的】周波数領域における制御系の解析と設計の基礎を学ぶ.

【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は以下の点の考え方を理解できるようになる.
1.伝達関数,ブロック線図による動的システムの表現.
2.インパルス応答,ステップ応答,周波数応答.
3.制御系の安定性,過度特性,定常特性

•バックグラウンドとなる科目
数学1及び演習,数学2及び演習,複素関数論

•授業内容
【内容】
1.伝達関数とブロック線図による制御系のモデリング
2.特性の解析
3.周波数応答
4.安定性と安定余裕
5.制御系設計

【授業時間外の課題】
毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み理解しておくこと.
また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

•教科書
杉江,藤田:フィードバック制御入門 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

•参考書
片山:フィードバック制御の基礎,朝倉書店

•評価方法と基準
期末試験と演習の結果から評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験と演習では教科書の内容と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格の必要条件とする.

•履修条件・注意事項
必修科目であるため,2年生以上であれば誰でも履修できるが,本講義は「バックグラウンドとなる科目」の項で示した科目の十分な理解を前提に進める.

今後, 連絡事項はNUCTの講義サイトでお知らせしますので注意してください.

●Aクラスは以下のNUCTサイトを利用する.自動的に登録されていない場合は自分で登録すること(特に過年度生は注意すること).
https://ct.nagoya-u.ac.jp/portal/site/2020_2_0856141

•質問への対応
講義中および講義終了後.

担当教員連絡先:tadayoshi.aoyama[at]mae.nagoya-u.ac.jp
※[at]は@で置き換えて下さい。

[一覧画面へ]

[履修コース選択画面へ]

SyllabusSystem Ver 1.27